ゴールドカード審査通過の新常識

収入がない学生やパートタイムの主婦でもクレジットカードは簡単に所有できるようになっています。最近では、これらの人も簡単にゴールドカードを所有できるようになっているので新常識を説明します。ゴールドカードの場合審査通過のポイントは信用度が高い人かどうかという点にカード会社は注目をします。言い換えれば、収入が多い人でも過去に滞納や遅延が多くあった場合には審査に通過しづらいのです。

金融機関はお互いに顧客の情報を共有しているので、カードの発行時には過去の履歴を調べることができる仕組みになっています。安定した収入がない学生や主婦でもゴールドカードを持つことができる人は、過去の利用状況を調査して信用ができる人と判断された証と言うことになります。

年会費を支払ってでも所有する魅力としては、ポイントの還元率いいことと海外の空港でラウンジが使用できる可能性が高いと言うことです。旅行好きな方は、会費を支払うことでお得に旅行ができるという点が新常識です。カードの種類にもよりますが、安い物だと2000円程度から発行できるものも複数あります。毎月の利用状況や目的に応じて会費を支払えば、かなりお得な優待特典を受け取ることができますよ。

 

ETCカードの申し込みについて

ETCカードが欲しいけれども、作り方がわからないという方もいるかと思います。そこでいくつかケースに分けて、作り方をカードの例を交えて説明したいと思います。一般的な作り方は、いたって簡単です。クレジットカードを持っている場合には、クレジットカードのウェブサービスhttp://sites.google.com/site/etccardnavi/や申し込みダイヤルなどがある場合がほとんどなので、クレジットカード会社に連絡してみるとよいでしょう。

ただしこの場合、年会費や発行費が必要な場合があります。どうしても無料のETCカードを作りたいという場合、別の方法が必要です。このような場合は新規にウェブ申し込みからクレジットカードを発行して同時にETCカードも申し込みする方法があります。なぜならウェブ申し込みできるクレジットカードは、同時にETCカードも作ることができるからです。

また急いでカードを作りたい、即日発行したいという場合には、セゾンで唯一作ることができます。セゾンパールアメリカンエキスプレスカードと呼ばれています。全国のセゾンカウンターで即日受け取りすることができます。これらのカードはそれぞれについてメリットが違います。例えばアマゾンの割引がうけられるとか、保険が充実しているといったサービスです。時期によってキャンペーンもかなり違うので、よく比較することをおすすめします。

 

マスターカードのメリットを大公開

マスターカードは、二大国際ブランドの1つなので、世界中どこへ行っても便利に使うことができる。特にヨーロッパの加盟店数が多いので、ヨーロッパ旅行する際には必携のクレジットカードだと言うことができる。とにかく知名度の高いカードなので、どこで提示する場合でも恥ずかしい思いをする心配が全くない。このマスターカードのメリットを大公開したい。

大公開と言っても、既にカードホルダーになっている人にとっては何を今さら的な情報ばかりかもしれない。でも、どのクレジットカードを利用しようかと現在悩んでいる人には参考にしてもらえるのではないかと思う。まず、マスターカードの場合、クラシックカードの初年度会費は無料になっている。2年目からは税抜き1250円の年会費がかかることになっているが、一定額以上の利用があれば翌年以降もずっと年会費が無料になる。

また、カードを持っているだけで最高2000万円の海外旅行保険と年間100万円までのショッピング保険が自動付帯されるようになっているので、心置きなく旅行を楽しめるようになる。おまけに、有名な国際ブランドだけあって、抜群のセキュリティ性能を誇っている。万が一カードを盗まれてしまうようなことがあっても、不測の損害を被ってしまう心配はほとんどない。

 

ANAカードの比較大公開

ANAカードとは全日空が提供するマイルが貯まるお得なカードです。マイルを貯めることで特典航空券に交換できたり、種々の割引サービスを受けることができます。ANAカードには年会費やクレジットカード会社の違いにより数種類があります。カードによってボーナスマイルや付帯保険などが異なるので、どのカードを選んだらいいか悩むところです。カードによって、何が異なるのかメリットや特徴などを比較し、大公開していきます。

まず、ANA一般カードとANAワイドカードについてですが、これらのカードの違いは年会費と入会時とカード継続時に付与されるボーナスマイルとに違いがあります。ワイドカードのほうが一般カードより付与されるボーナスマイルが多いのですが、年会費もその分高く設定されています。また、区間ボーナスマイレージの付与率が異なります。これは搭乗時に付与されるもので、その航路の区間基本マイレージに付与率をかけた値となります。ANAワイドカードのほうがマイレージ付与率が高く設定されています。

一般カードでは、各々のクレジット会社によりサービスが異なります。家族カードの有無や付帯保険の違いがポイントになってきます。どのカードを選べばよいのか悩むところですが、その比較を大公開致します。